QLOOKアクセス解析

日々是めもめも

日常思いついたこと、役に立ちそうなこと 等々・・・φ(..)メモメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hotspotshiled速度検証

VPNソフトHotspot(JPサーバー接続) shield off/onでの速度差を確認してみました。

Windows10マシンで実施。 回線は@nifty光

HotspotShiled ON
20160730speed_vpn.png

hotspot shield off

20160730speed_novpn.png

ダウンロードスピードは40%程度ダウンしていますが、十分速いといえましょう

秀丸エディッタ

横に長い文章でカーソル位置が画面外左にあり、上下にスクロールするとカーソル位置まで画面表示が戻ってしまいます。


hidemaru_20160709_1png.png

※ここでスクロールすると画面が左端のカーソル位置に切り替わる
 hidemaru_20160709_2png.png 


これは直感的な動きではないので、カーソル位置にかかわらず、今見ている画面の横位置でスクロールするように変更します。

hidemaru_20160709_3.png 

これで便利になりました


<メモ>CSVファイルの読み込み部分の練習

<メモ>
DOBON.NET プログラミング道:を参考にCSVファイルの読み込み部分の練習
 

しかし、


      private void button1_Click(object sender, EventArgs e)



        {
            //var csvRecords = new System.Collections.ArrayList(); ←オリジナルはこれ

           var csvRecords = new List<string>(); ←genericsに書き換えてみようとした
            const string csvFileName =@"C:\test\test.csv";

            var tfp = new Microsoft.VisualBasic.FileIO.TextFieldParser(csvFileName, System.Text.Encoding.GetEncoding("UTF-8"));
            tfp.Delimiters = new string[] { "," };

            while (!tfp.EndOfData)
            {
                string[] fields = tfp.ReadFields();
                csvRecords.Add(fields); ←string[]はstringに変換できませんのエラー
            }

            tfp.Close();
            MessageBox.Show(Convert.ToString(csvRecords.Count));

        }
    }

<対応>
  var csvRecords = new List<string[]>(); に変更
arraylistはobject型のため、代入対象が配列でもなんでも受け取れるが、genericは型指定なので、
配列を受け取るならば、最初に配列として宣言する必要がある。 

dwsを適用したらskypeのアップデートができない

DWS(destroy windows spying)なるものを適用してみました。
DWSのHP
windows10がいろいろな通信を行っていると言うことでそれを防ぐためのものだそうです。

しかし弊害もあるようで・・・これを適用したらskypeがバージョンアップできなくなりました。
skype_error1.png

そこでskypeは使えるようにしてみたいところだったので調べてみました。
どうもアップデートサーバーがはじかれているみたい・・・
ということでまずはアップデートサーバーを調べます。
適当なところで skype.comをlookupしてみます

skype_dns.png

windowsのファイアウオール規則を開いてみます
skype_error2.png

どうやら赤枠で囲った部分で通信を止められているようです。
よって、この部分を削除します。

これで無事にバージョンアップできました



osqleditを64bit windowsで使う

Oracle使い必須の? Osqleditですが、現在64bitネイティブ版がありません。
32bit版のoci認識できないと、Osqleditが使えないわけですが、64bit版windowsには64bit版のOracle Database Clientがインストールされていることが多いかと。

この状況で64bit windowsで使えないものかと思案していたところ、32bit Oracle instant clientを使えば良さそうです。
Oracle社のダウンロードページ

Osqleditのフォルダ内にでもinstant clientを展開して、
OCIディレクトリを図のように設定したところ無事に起動しました。

osqledit1.jpg

2016/09/23 追記
作者様が64bitネイティブで動作するバージョンを作成中ですね。
これで、小細工をしなくても使えるようになりますね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。